身元保証人がいないときの介護保険利用

subpage1

長らく独居高齢者でしかも身寄りが無い場合には身元保証人がいないこともあり得ます。

身元保証人がいないならお任せください。

この場合で介護保険制度の利用をしたいと思う時には、在宅系のサービスかあるいは要介護1または3以上という条件はありますが施設系のサービスを利用する方法があります。



身元保証人がいない場合などでしかも要介護3以上の認定を受けると特別養護老人ホームへの入居の道が開けますので、入居への申し込みを行うことも検討する話です。


当初話をした在宅介護支援センターのケアマネジャーなどとも相談をしながらにはなりますが、近隣での特別養護老人ホームの利用を考慮してもよい状況にはなります。
その他在宅系のサービスの場合では、身元保証人がいないと民間企業が提供をするサービスは利用がし辛い可能性が出ます。
在宅のケアプランの作成を行う居宅介護支援事業者のケアマネジャーともよく相談し、最適なサービスの利用を考えていく必要がありますが、要介護度によっては施設系サービスの利用を考えていく必要があります。

介護保険サービスは生活保護受給者以外は必ず利用者負担がありますので、身元保証人等の存在によりいざというときにはそちらから徴収をすることなどもあり得ます。


ただ一人暮らしの場合にはいないわけですから、事前に支払方法で口座引き落としなどが可能であればそちらでの徴収を考えることも必要です。



ただし中小企業が経営する介護保険事業者の場合には毎月確実に徴収するようにしかも早めに対応をするなどの行動が求められます。