入院時に身元保証人がいない時の解決法

subpage1

病気や怪我などで入院が必要になった時、人によっては問題となるのが身元保証人がいないことです。
例えば、身寄りのいない一人暮らしの高齢者や家族が近くにいない、疎遠になっている独身者などがこうした問題に直面しがちです。
また子供を持たない夫婦の場合、お互いが健康なうちは問題ないのですが、高齢になってどちらかが他界してしまうと保証人の確保が困難になるケースもあります。

身元保証人がいないに関しての情報が閲覧できます。

少子高齢化が進む中で身元保証人がいないというケースは今後も増えていくと予想されますが、日本の病院ではおよそ9割以上が入院時に身元保証人を求めるという調査結果もあることから、入院が必要でもできない可能性があるのです。



そこで知っておきたいのが、こうした時の解決法です。まず考えられる方法は、身元保証人が必要ない病院を探すことですが、その数は少ないですし、病状によって入院先を選ぶ余裕がないこともありえます。そこで一番の解決法として挙げられるのが、入院する病院に相談をしてみることです。



そうすることで、地域の民生委員に連絡をしてくれたり、民間の任意後見人委託会社などを紹介してもらえるはずです。

また病院によっては、ある程度、入院費用の前払いをすることで保証人がいなくても入院ができるようになっているところもあります。

このようなことから、身元保証人がいない時には病院に素直に相談をしてみることが一番なのです。
昨今は身寄りのない方も増えていますので、ある程度、病院も融通をきかせてくれるはずです。